TOP > 弁護士の果たすべき役割について

弁護士の果たすべき役割について

世の中には、実に多くのトラブルが発生しています。

紛争というのは、最終的には法律的判断でもって解決が図られることになっています。

それだけに、法律の問題が非常に大事なポイントとなってくるのです。

法律の相談に関する最新情報はこちらです。

常識的な判断ではなく、法律の適用でもって解決することとなりますので、法律の存在を無視することはできません。

法律のエキスパートである弁護士が活躍しているのは、そういって理由からなのです。

弁護士の無料相談関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

そもそも、弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする、ということが法律で持って定められています。

依頼者の利益のために、法律なサービスを提供することを通じて社会的使命を実現することが、弁護士に与えられた任務なのです。



依頼者の権利を守ることが、すなわち、基本的人権の擁護になるのです。

正当な権利実現のために、当事者おのおのがどういった権利を持っていて、どうすればそれが実現できるかについて、幅広い知識を持った専門家として尽力するのが、弁護士の仕事なのです。

法律の専門家が、事態解決のために十分な主張や立証を尽くして、そして、最終的判断を裁判所に仰ぐことによって、正当な権利が守られるというのが、社会正義の実現なのです。

もちろん、裁判や調停などにあたって、当事者本人だけで手続きを進めていくことは不可能ではありません。
しかし、現実には、裁判になったら弁護士に代理人になってもらい、手続きを依頼しているケースが圧倒的に多いのです。